冒険者ギルドへようこそ


 冒険者ギルドを運営する若き社長アレスは、人々の依頼を解決し報酬を得るため、
 小さなものから大きなものまで様々な案件と対峙している。
 ある日、ネコミミ少女のイーリスが雇って欲しいとギルドを訪れて…

うぇるかむ! 冒険者ギルドへようこそ当blog「冒険者ギルドへようこそ」へのアクセスありがとうございます。

この度、本作が「うぇるかむ! 冒険者ギルドへようこそ」とタイトルを改め、Impress QuickBooksさんから電子書籍として出版されました☆
応募時より格段に良い作品となっておりますので、是非ご一読願います。
※←画像クリックでAmazonへアクセスいたします。

「まさか、ネコミミロリ少女に押し倒される日が来るなんて……」
「あー、事実だけど表現がいろいろ誤解を招きそうなので、とりあえず黙ってくれるかな」

 イーリスさんにやられて落ち込むソル君が、まだブツブツ呟いているので、早々に終了させよう。
「勝負あり! それまで」

 ネコミミの獣人族だけあって、猫のような素早さと脚力を持つイーリスさん。さらに小さな身体なので、益々スピードが早くなる。ただ、スピードは素晴らしいが、その小さな身体故にリーチが短すぎる。
 とは言え、戦闘能力としては余裕で合格だ。
「じゃあ、イーリスさんは合格なので、さっきのテーブルで契約の話をしましょう。そして、ソル君は落ち込んでないで、自己アピール考えといてね。明日、新案件の面接行くよ」

 落ち込んでいたソル君がようやく顔を上げる。
「今回はたまたまイーリスさんに一本取られたけど、ソル君の実力はこんなものじゃないでしょ。次の案件はサブリーダーを任せるので、よろしくね」

 ソル君が小さくガッツポーズを作っていたので、とりあえずフォローは成功だろう。まぁこの件に関係なく、元々新案件にあてるつもりだったけど。

 ロビーへ戻ると、ユカ君が既に契約書一式を用意してくれていた。
「では、この契約書と重要事項説明書について、まずは重要事項を簡単に説明させてもらいますね」
「……」

 ダメだ。この時点で既にイーリスさんが混乱している。
「えっと、明日からのお仕事の説明しますね」
「はいー」
「Ⅰ.朝9時から夕方5時まで働いてください。
 Ⅱ.働く内容はパーティのリーダーが指示してくれるので、従ってください。
 Ⅲ.5日働いたら2日休んで良いです。
 ここまでは大丈夫です?」

 若干不安なので一応確認してみると、小さく頷いてくれた。
「続けますね。
 Ⅳ.働く日でも、依頼がない場合があります。そんな場合や休みの日でも、部屋とご飯と1日のお給料は保障します。
 Ⅴ.魔道通信機を渡すので、休みの日でも常に持っておいてください。緊急で呼び出すことがあります」
「んーと、Ⅳの『依頼がない日』は何をするのー?」
「好きなことしてて良いですよ。だけど、ギルドの近くには居てくださいね」

 残業とか出張費のこと、依頼から報酬までの話とかを、かなり噛み砕いて説明。
「重要事項はこんなところかな。最後に契約の話ですが、うちのギルドで最も大事なルールがあります」
「はいー」
「うちのギルドに加盟した人は全員家族になること。そして、家族が困っている時には、絶対助け合うこと」

 ギルドメンバー全員と親密になれというのは無理がある。当然、意見がぶつかることだってある。だけど、本当の家族だって意見がぶつかったりすることや、仲が悪いなんてこともある。それでも、家族なんだから困っている時には、家族全員で助けてやる……それが僕とうちのギルドの理念だ。
「わかったー」
「じゃあ、ここにサインして」

 サインされた契約書を貰う。
「これでイーリスさんは、うちの家族の一員だね。
 冒険者ギルドへようこそ!」

 うちのギルドに新たなメンバーが加わった。

「こちら、うちのギルドに加盟希望のイーリスさん。テストってわけじゃないんだけど、模擬戦闘をお願いできないかな」
「えっと……このちっちゃい女児とですか?」

 ソル君の感想はもっともだ。誰がどう見てもこのネコミミ少女は10台前半にしか見えない。
「ちっちゃい言うなー! これでも19歳のレディよー」

 がっしゃーん!

 ソル君が盛大に吹っ飛び、テーブルを派手に倒した。
「じ、19歳だと……?! これが年上?!」

 そう、そのリアクションが見たかったんだ。そうだよね。そうなるよね。19歳なんて信じられないよね。
 内心、期待通りのリアクションで嬉しかったのだけど、これ以上イーリスさんの機嫌を損ねるわけにもいかないので、話を進める。
「流石に君の剣を使うわけにはいかないから、こっちの剣を使ってくれるかな」

 平常心を装い、剣の『柄』だけを鞄から取り出す。不思議そうな顔をしているソル君をよそに、彼の剣に『柄』を当てる。

 フッ

 一瞬でソル君の剣と、そっくりな剣が出現する。

「僕のコレクションの1つ、修練用マジックアイテムの『ダミーウエポン』。触れた武器とそっくりのイミテーションを作り出すアイテムで、重さや手触りなんかを100%再現するけど、生き物には全くダメージを与えられないんだ。当たってもケガしないから、外で思いっきり振り回してもいいよ」
「へー……さすが、マジックアイテムオタクですね」
「そこは、コレクターって言って欲しいかな」

 小さい頃から冒険者に憧れていたけど、力もなく、魔法も使えない自分の非力さに嘆いていたときに、見つけたマジックアイテム。力や魔力が無くても、使い方次第でそれ以上の力を発揮するマジックアイテムにハマり、いつの間にか大量に集めていた。

 ガスッ

「あ……」

 音のした方を向くと、小さく呻くソル君。そして、足元に転がる壊れた椅子。
「そうそう生き物にはダメージを与えないけど、生き物以外には本物同様にダメージを与えるからね」
「……」
「修理代、給料から引いとくね」

 顔が引きつっているソル君はとりあえず置いといて、
「イーリスさん、お待たせ。そっちに庭があるから、ソル君と戦ってくれますか」
「うん、わかったー」
「イーリスさんは、武器とか要らないんだよね?」
「うん、重いのとか難しいのとかはムリー」

 3人で庭へ移動する。広くはないけど障害物などが何もないので、1対1で戦うくらいのスペースはある。
「そのダミーウエポンは5分で消えちゃうので、消えたら戦闘終了です」

 まだ引きつったままのソル君がダミーウエポンを構える。本来の剣と同様に、両手持ちの上段構え。一方イーリスさんは、獲物に飛びかかる猫のように、しゃがんでいる。
「それでは始めっ」

 開始の声と同時に、イーリスさんが地面を蹴ってソル君の足元へ飛び込む。

「はぁっ!」

 ソル君が上段に構えた剣を、足元のイーリスさん目がけて振り下ろす。しかし、イーリスさんの動きが段違いに早く、既にイーリスさんが過ぎ去った後の、何もない空間に剣先が振り下ろされる。

 イーリスさんはソル君の股の間をすり抜け、膝の裏へチョップ。体勢を崩したところで、腰を軽く押すと、ソル君は簡単に倒れた。
「まだ続けるー?」

 イーリスさんは、息一つ乱さず告げていた。

「いやー。どもーギルドマスターさんですかー?  私イーリスって言いますー」

 マリーさん曰く、雇用希望の少女がまったりと自己紹介をしてくる。見た目は12歳くらいで、特徴的なネコミミから獣人族ということがわかる。ただ、獣人族なので実年齢はもう少し上かもしれないが。

「はい。マスターというか、社長のアレスです。イーリスさんは、うちのギルドで冒険者として働きたいってことでいいのかな」
「そーですー。とりあえず、立ち話もなんですから、座りませんかー?」

 うーん……マイペースというか、何というか。まぁ、とりあえず話を聞いてみよう。

「じゃあ履歴書はありますか?」
「あ、はいー」

 封筒に入った、意外にきれいな履歴書が出てくる。
「住所が記載されていないんですが、家出とかじゃないですよね?」
「違いますよー。それに私もう19歳ですよー」

 ぶっ!!

 ユカ君に淹れてもらったお茶を、思わず噴き出す。見た目12歳くらいなのに、年上……そして、マリーさんと同い年とは。獣人族恐るべし。そして、マリーさんは相変わらずの無表情。これくらいではまだ驚愕に値しないのか。

「よく見たら履歴書に年齢書いてますね。すみません。えっと、住み込みで働きたいということですか?」
「はいー。大丈夫ですかー?」
「一応、空き部屋が3階にあるので、住み込みは大丈夫なんですが、イーリスさんの冒険者としての経歴を教えて貰えますか」
「えっとー、武術ができるのでー、寺院の人と一緒に悪魔退治したことがありますー」

 ……驚いた。悪魔退治と言えば、冒険者ギルドで扱う依頼としては、それなりに高レベルの案件となる。というのも、そもそも悪魔族には普通の武器や魔法が通じないため、寺院――プリーストタイプの冒険者の力が必要となる。しかし、プリーストタイプは全般的に刃物を禁じているため、一般の冒険者と組むことは少ない。おそらく、武術と言っているのは、体術での戦闘のことだろう。これならプリーストタイプとも組むことができる。

「なるほど。悪魔退治は凄いですね。では、その武術の実力を見せてもらえますか」
「えっとー、社長さんを倒せばいいのー?」
「ち、違うから。ちょっと待ってくださいね」

 残念ながら僕は戦闘タイプではないので、間違いなく負ける。というより、戦闘のための能力を保有していないので、そもそも戦闘にもならない。

「マリーさん、ソル君を呼んでくれませんか」
 
 割と最近入った、18歳のソル=ブリッツ君。僕と同い年でファイタータイプの冒険者。あまり強くはないけど、一応うちのギルドの及第点はクリアしている。

「アレスさん、何か用ですか?」
 
 現在依頼待ちの待機状態のため、庭で素振りをしていたらしく、汗だくの少年が現れた。

「お願いします! 魔王を倒してください!」
「お断りします」

 春の桜舞う季節。寒い冬が過ぎて暖かくなると、ちょっと変な人が出てくる。
「いやー、アレス社長……即答でしたね」
「だって、無理だし。あんな無理難題を突きつけてくる時点で、もう客じゃないよ」

 客――重要な依頼があるからと、僕ら『冒険者ギルドMAS』に手紙が届いた。待ち合わせ場所へ秘書と一緒に来てみると、依頼内容が魔王討伐とゆー無茶な話。確かに悪魔族の王である『魔王』は実在するらしいけど、そもそも近年は活動らしい活動を聞かない。
 ただ、魔王や上級悪魔族はおとなしいものの、下級の悪魔族は世界各地に出没しており、世間一般の人々の脅威となっている。このため、王国騎士隊や僕らのような冒険者が悪魔族討伐を行っているけれど、今日の話に限らず魔王討伐という突拍子もない依頼が結構あったりする。
 世の人々には、全ての冒険者が勇者や英雄かのように思われているのかもしれない。

 ちなみに、冒険者といっても能力は様々で、剣も魔法も扱えるオールラウンダーなヒーロータイプや、魔法に特化したウィザードタイプ。調査や探索が得意なスカウトタイプなどなど。
 特殊なタイプとしては、僕――アレス=ミライのような、マーチャントタイプ。いわゆる、商人だ。戦闘には不向きだけど、膨大なアイテム知識で冒険を支援する。
 これら冒険者の中には、魔王を倒すことを目標としている者もいれば、うちのようなギルドに所属し、その能力を仕事として活かす『職業冒険者』という者もいる。そして、冒険者の大半が後者にあたる。

「アレス社長。次は13区の魔道結界案件の進捗会議です」
「ん? それは明日じゃなかったっけ?」
「あっ! す、すみません。では、今日の予定は以上です」
「そっか。じゃあ、ギルドに帰ろうか」

 秘書のユカ君。
 社長といっても弱小ギルドなので、秘書を置く程ではないけれど、訳あって雇っている。
 さらっさらの黒髪ストレートで、小柄な少女。小さな顔と大きな瞳が何となく、小動物を連想させる。見た目は可愛いが、秘書としてはうっかりミスが多いのが玉にキズ。だけど美少女が居ると場が和み、交渉や会議がスムーズに進むので、必ず傍に置いている。

「ただいまー」
「ただいま戻りましたですー」

 毎日掃除する看板をくぐり、うちのギルドへ帰ってきた。
 個人で運営している小さなギルドだけど、ここウエストシティは冒険者ギルドがまだ少なく、それなりに依頼もある。ちなみに、首都イーストシティでは依頼も多い分、ギルドが乱立して競争が激しいらしい。

「おかえりなさい。アレスさん、ユカちゃん」

 受付兼経理担当のマリーさんが、いつも通り無表情で迎えてくれる。

「マリーさん、僕の外出中に何かありました?」
「依頼相談が1件と、飛び込みで雇って欲しいと言う冒険者が1名来られました」
「ふーん。依頼相談ってのは?」
「夜間の護衛依頼でした。最近不審者の視線を感じるそうで、後ほどまた来られるそうです」

 護衛は、うちで一番多い依頼。
 冒険者ギルドと一口に言っても、所属する冒険者のタイプはギルドによって様々で、うちはファイタータイプ--力自慢の冒険者が多く所属している。確かファイタータイプの冒険者が2人、依頼待ちの状態だったはず。

「りょーかい。飛び込みの冒険者ってのは?」
「はい、そこでお茶飲んでます」

 相変わらず無表情なマリーさんの視線の先に、まったりお茶を飲んでいる少女がいた。

↑このページのトップヘ